眼精疲労

頭痛やはきけなどを引き起こすこともある眼精疲労。

眼精疲労とは?

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の眼精疲労イメージ
目が疲れていても一晩ぐっすり眠れば疲れが取れるのは「疲れ目」です。

眼精疲労とは休憩をとっても目の痛みやかすみ、頭痛などの症状が残ったり、あるいはいったん回復してまたすぐ目の疲れが出たりするものです。

症状は疲れ目よりも眼精疲労の方が重いです。

最近は「パソコン」「スマートフォン」を使う事が当たり前で使用頻度も一日中という方も大多数です。

仕事や勉強等で眼を酷使する時代に突入しています。

普通の生活の中でも「眼を酷使」する項目がこれからも増幅していきます。

どんな自覚症状が出るの?

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の眼精疲労002イメージ
目の症状:

目が重い、ショボショボする、目が痛む、疲れによる充血、かすみ、視力の低下などが主な症状です。

その他の症状:
身体の痛み、胃痛や食欲不振、便秘、イライラ、不安感、抑うつなどが主な症状です。

眼精疲労の主な原因

  ①目の酷使による眼精疲労

読書やテレビゲーム、パソコンなど長時間同じ距離を見続けることから起こる疲労。
眼精疲労の中で最も多いタイプです。

  ②眼科疾患による眼精疲労

ドライアイ、白内障、緑内障、網膜症などの疾患から起こる眼精疲労。

  ③調節性による眼精疲労

遠視、老視、斜視、複視など、物に焦点を合わせる目の調節作用が低下して起こる眼精疲労。

  ④精神的なものによる眼精疲労

慢性疲労、過労、睡眠不足からくるストレスなどで起こる眼精疲労。
一番多いケースとしては一定の距離を長時間見ることで眼の筋肉は緊張し、瞬き回数が減る事で
眼が乾燥し眼球に十分栄養が行き渡らなくなる事で症状が出ます。

整体による改善:

慢性化した眼精疲労の悪循環を改善するには体全体の歪みや姿勢を改善するための施術が必要になってきます。

整体の施術としては、首・肩・背中の筋肉をほぐして頚椎の矯正と調整をして眼球への血液循環を活性化し、内臓機能を高めることを目指します。

症例について

下記の症状について当院にてご来院下さい。


頭痛 片頭痛 緊張型頭痛 眼精疲労 めまい 貧血 首の痛み 

通常肩こり 緊張型肩こり 疲労型肩こり ヘルニア型 肩こり 

ムチウチ症 四十肩 五十肩 猫背 手のしびれ 腕のしびれ 

背中のコリ 背骨の歪み 通常腰痛 急性腰痛 慢性腰痛

ぎっくり腰 股関節痛 膝痛(ひざ痛) 足の痛み しびれ O脚 

疲労感 産後の骨盤調整 体型改善 不眠症 ストレス 冷え性 

便秘 下痢 更年期障害
普通のマッサージでは取れなかった全身のコリや疲れ(肩・背中・腰部等)

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る