慢性的症状

慢性的症状とはどんな症状なのか漠然として分からないと言われる方もおられると思います。ここでは慢性的症状とはどんな症状、状態かを説明しています。

慢性的症状とは


京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の慢性的イメージ

具体的に慢性的症状の定義を説明すると48時間から長期に渡り、軽いものから重いものまで同じ症状がある状態の不具合をいいます。

痛みやだるみ、しびれなど継続的なものから時々、痛みが現れしばらくするとおさまるを繰り返す症状も根本が改善していないことからそういうサイクルが繰り返されます。

こういう症状も含めます。

具体例としましては頭痛・偏頭痛・緊張型頭痛・眼精疲労・めまい・貧血・首の痛み慢性的肩こり・緊張型肩こり・疲労型肩こり・ヘルニア型肩こり・ムチウチ症・四十肩・五十肩・・手のしびれ・腕のしびれ・背中のコリ・慢性腰痛・狭脊柱管狭窄症・坐骨神経痛・股関節痛・膝痛(ひざ痛)・足の痛み/しびれ・疲労感不眠症・ストレス・冷え性・便秘・下痢・更年期障害 等です。


硬くなって、凝り固まった筋肉(肩こり、背中、腰部のハリ感等)


京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の慢性的02イメージ

通常、首、肩、背中、腰等、全身凝り固まっているという状態とは基本的にどんな状態なのでしょうか?

なぜそんなふうになってしまったのか?

不本意であると思われますが筋肉が縮んだ状態が硬くするのです。

筋肉が縮むと硬くなるというのはよく、筋肉自慢なんかする時に力こぶを出すのをイメージして下さい。

腕を曲げて筋肉が盛り上るのが想像できると思います。

その盛り上ったところを触ってみて下さい。

硬いのがお分かりになると思います。

このことから筋肉が縮むと硬くなるという説明がつきます。



老廃物を除去(老廃物はむくみの原因となります)


京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)のストレッチイメージ

縮んだ筋肉には老廃物が溜まり、疲労物質ともいいますが、血液の流れが悪くなります。老廃物が溜まると浮腫みの原因になります。

血液の流れが悪いと血管の弁が閉じやすくなり、ドロドロの血液だったり、エコノミー症候群になりやすかったりします。

自力で改善する方法としては縮んだ筋肉を伸ばしてあげるといういわゆる「ストレッチ」をすればある程度、リンパの流れがよくなり老廃物が除去できます。



リンパの流れ(リンパの流れをよくするとむくみが解消します)


京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の浮腫みイメージ

むくみや疲労感、ハリ感や凝り感等を取り除くのに重要な事は縮んだ筋肉を伸ばしたりしながら和らげる事によりリンパの流れが促進し老廃物が除去する事が出来ます。

*リンパ液
リンパ液は体中を流れている組織液が、全身に分布している毛細リンパ管に流入したもので、この流入リンパ液はしだいに合流して太いリンパ管に流れ、胸管および右リンパ本管に合流して、最終的に静脈に流入する。

リンパ液は透明な淡黄色の液体で、その組成は血漿(けっしょう)とほぼ同じであるが、血漿に比べてタンパク質の量が少なく、また弱アルカリ性である。

要するに組織液がリンパ管に流入したものがリンパ液である。
体外に出ると血液のように凝固する。



血流とホルモンのバランスの乱れが冷え性の原因となる


京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性ホルモンイメージ

女性の7割近くが冷え性があると言われています。

なぜ冷え性はなるのでしょうか?
女性は男性に比べると、熱を作り出す筋肉が少ない。

月経の影響などで、腹部の血流が滞りやすいといったことも理由にあげられます。

もう一つは「血」がドロドロ状態になって血液の流れが悪くなると栄養の補給や、老廃物の排出が滞っている状態になり手足の先の細い血管に血が流れにくくなるので冷えを感じるというのもあります。

さらにもう一つは自律神経の乱れ機能低下は、女性ホルモンのバランスの乱れが冷え性に繋がるというものです。

特に女性ホルモンが乱れる時期は、妊娠時と更年期時です。この時期が原因で冷え性になる事がよくあります。

また身体に無理なダイエットは、月経不順を招くと共に、冷え症を併発する危険性があります。


骨盤の歪みを矯正(慢性的症状の根本的改善のカギ)


京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の矯正前矯正後比較イラスト

上記の慢性的症状で紹介させて頂きました症例の原因は骨盤の歪みが根本的原因である事が主です。

皮、肉、骨とだんだん深くなるごとに重要になってきます。ここでいう皮、肉、骨とは皮は皮膚(表面)肉(筋肉)骨(骨格)という意味ですが、この3つをちゃんと整体術によって筋肉操作や矯正させて頂く事が根源的解決に繋がります。

理論的に合理的に硬くなった筋肉を和らげ、リンパ、血流の流れを整体療術を屈指し促進するよう操作します。

慢性的症状とは以前から改善・自然治癒しきれなく長期間に渡って出ている症状なので代表的な症例で説明すると慢性的肩こりと慢性的腰痛などがありますが、適切にその人に合った施術をする事により症状の改善をもたらす事が可能です。

最終段階の施術が骨盤の歪みを矯正する事ですが、この皮、肉、骨の一番深い、骨の部分をきっちり整える事が整体の最終目的であり、根本的改善のカギだと考えていますのでどのように歪みを整えるかを組み立て、患者様へ説明しトータル的に健康で痛みのない、姿勢のよい、疲れない、気分のよい整体を心がけ、上記の症例の患者様の施術に取り組んでいます。

効果を期待できると思いますので是非、ご予約下さい。



症例について

下記の症状について当院にてご来院下さい。



頭痛 片頭痛 緊張型頭痛 眼精疲労 めまい 貧血 首の痛み 

通常肩こり 緊張型肩こり 疲労型肩こり ヘルニア型 肩こり 

ムチウチ症 四十肩 五十肩 猫背 手のしびれ 腕のしびれ 

背中のコリ 背骨の歪み 通常腰痛 急性腰痛 慢性腰痛

ぎっくり腰 股関節痛 膝痛(ひざ痛) 足の痛み しびれ O脚 

疲労感 産後の骨盤調整 体型改善 不眠症 ストレス 冷え性 

便秘 下痢 更年期障害
普通のマッサージでは取れなかった全身のコリや疲れ(肩・背中・腰部等)

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る