ブログ

当院の院長がテーマ毎に有益な情報を提供したいと考えています。

骨粗鬆症

2013年7月16日 | コラム

特に女性の高齢者に多くみられるのが『骨粗鬆症』です。『骨粗鬆症』は加齢とともに骨からカルシウムが流出して骨量が減少するために、骨がもろくなる老化現象で、ちょっと転んだだけでも骨折するようになります。 『骨粗鬆症』だけでは腰痛は起きませんが、椎骨がもろくなってつぶれる『圧迫骨折』を起こすと、神経を刺激するために腰痛になります。 骨量測定 骨量は、骨の中にあるカルシウム、りんなどの骨を構成している成分の量です。 骨量測定は、骨量を計測して骨の強度を調べる検査で・・・続きを読む

肩こりとは!

2013年7月16日 | 院長の独り言

肩のこりや痛みには、「首から肩にかけて鈍い痛みがある」「くび筋から背中に痛みが走る」「肩が痛くて腕が上がらない」など、いろいろな症状があります。 肩がこるのは、悪い姿勢や体型、疲労やストレス、体力の低下、老化現象などによって肩の筋肉が緊張し、そのために筋肉のある血管が収縮して血行が悪くなることが原因です。 血行が悪くなると、肩の筋肉にできた乳酸などの疲労物質が運びだされず蓄積され、神経を刺激するために、こりや傷みが起こると考えられています。 肩の痛みの原因には肩こり・・・続きを読む