骨盤矯正をしたら二度と歪まなくならないですか?

2014年3月11日 | 院長の独り言

とあるお客様から相談を受けた事ですが、骨盤矯正をしてもらってもう二度と歪まなくなるにはどうしたらよいですか?
と質問されました。

骨盤の歪みを改善後、再度、全く歪まなくなるいうのは不可能ですが、歪みを小さくするというのは出来ますよ。
大難を小難って事です。

「生活習慣の心がけ」と「適度な運動」「ストレッチ」「筋肉をバランスよくつけること」や「適正な体重を保つ事」です。

そこでひとつ、「骨盤が歪むことを悪と考えられます?」もちろん、歪む事は悪なのですが、でも悪だけではなく体にとって歪む事は必要な事なんです。
「必要悪」そんな日本語はなかったようなあったような・・・。
言い方を変えると「必要な時の歪みは善」な場合もあります。

それはどういう事か?

では歪まない骨盤があるとします。例えばAさんはどんな事があっても歪まない人だとします。猫背姿勢で仕事をし続けても、疲れている状態で無理を押して労力を費やしても、何が何でも歪まないそんな人がいるとします。
すると
負担がかかり続けた筋肉は縮み、老廃物が溜まり、剥くんできます。でも骨の歪みは発生しません。Aさんは絶対歪まないのだから・・・。
それでも無理をして労力を費やして仕事をし続けます。
負担がかかり続けます。
でも痛みは出ません。
歪まないから・・・。骨盤が。
そして、またまた無理をして仕事をし続けます。
体に負担を掛け続けることを繰り返していきます。
歪まない骨盤は耐えるのみ。
耐えて!耐えて!耐えて!
最後には壊れます。骨盤が・・・。
耐え続けた結果、もう耐えられなくなります。
そして最後に骨盤は壊れてしまうのです。
どうですか?
骨盤が壊れる!
嫌ではないですか??

だから本来、骨盤は耐えられなくなった時点で自分自身を助けるため、
骨盤を助けるために歪みになります。
歪む事により、痛みを出し、限界を事前に痛みによって知らせるという意味で必要なのです。
歪む事が・・。悪ですが、必要悪なのです。
必要悪っていう日本語あったかどうか忘れましたが・・・。

とこんな話をしましたことをふと思い出しました。

言い方はこんなふうじゃなかったですが・・・。(笑)
もっと明るく言いましたが・・・。(笑)
文字で書くと暗い感じがしますね。(笑)

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る