肩関節痛

2013年12月26日 | コラム

原因: 血流が悪い| 部位: 頸椎7番/胸椎1番/胸椎4番| 改善法: 肩の体操|

整体法の判断

不要な石灰質が肩にたまる

肩関節痛は、文字通り肩関節に強い痛みがあるもので、肩こりのような重たい感覚や四十肩、五十肩のような動かしにくいという程度ではありません。
肩の関節の部分にだけ痛みが起こり、この痛みは日に日に強くなっていくケースがほとんどで、寝ている時に痛みが出て目が覚めるほどです。
肩に痛みを起こしているのは主に石灰性の物質で、この物質がたまり始めると痛み出し、それが進行すると肩の関節の部分で固まるので、動かすとさらに痛みが増してくるわけです。
痛みのため動かさないでいると、その物質はますますたまり、症状は悪化していきます。
整体法では、このように石灰質が溜まるのは血液の循環が悪くなったことに原因があると考えます。
つまり肩の動きも、心臓の働きに大きく影響されていると考えます。心臓が正常に働いて血流が良ければ、不要な物質が肩にたまる事は無いのです。

自己改善法

肩の体操で骨と筋肉を離してやる

肩関節痛は突然起こり、我慢できないような激痛であることが多いようです。
本来ならば先に体操行うべきですが、まずは蒸しタオルで温められると、硬直していた肩が柔らかくなり痛みも和らいでくるのです。
蒸しタオルの応急処置で効果が出たら「肩の体操」を行います。
この体操は、関節に不要な物質が溜まって痛んでいる骨を守るために、過剰な防衛反応として骨に巻き付いている肩の筋肉を緩めるのが目的です。
はじめは恐怖心があるかもしれませんが、骨と筋肉は離されるとどちらも正常に戻ることができるのです。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る