うつぶせ寝は腰痛を悪化させる

2013年10月14日 | コラム

うつぶせ寝

うつぶせで寝ると、腰や腰部に力がかかって脊柱のソリが強くなります。
脊髄がソルと脊柱管が圧迫されるので中を走っている神経が刺激され、腰痛がひどくなります。
また、仰向けに寝る姿勢も腰痛を促進させます。
下になった脊髄に体重がかかり、さらに腰が沈むので脊髄がソルために脊柱管の中を通っている神経を圧迫して腰痛を引き起こします。
腰椎に良い寝相は、横向きに寝てえびのように背中を丸め、膝を曲げる姿勢です。
これならば腰や脊髄に無理な力がかかりません。
うつぶせや仰向けで寝ている人は、今夜から横になってえびのようになって寝てください。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る