注意すべき職業 ①

2013年8月28日 | コラム

腰痛になりやすい注意すべき職業(職種)というのがあります。
もし該当される方は是非、参考にして下さい!

デスクワークの管理職に多い腰痛

デスクワーク

痛みの感じ方は、人によってかなり差があります。痛みの訴え方も実にまちまちです。
ですから、どんな人が腰痛になりやすいかは一概に言えません。
しかし重労働に従事している人よりデスクワークの人に多く見られ、同じデスクワークでも管理職に多いことは、様々な調査で報告されています。
椅子に腰かける姿勢は案外、椎間板に内圧がかかるものです。
腰かけて仕事をするとなると、腰への負担はより大きくなるでしょうし、管理職だとストレスなども加わります。
それでもまだ正しい姿勢で仕事をするならよいのですが、おそらくおおかたの人は姿勢をくずしたまま仕事をしていることでしょう。

筋力の面でも不安は残ります。デスクワークをしていても、昼休みに体を動かすとか。休日にスポーツを楽しんだり毎日よく歩いていれば、筋力の低下はかなり防げるものです。
しかし、そうでない限り、運動不足から筋力低下に陥ることは目に見えています。
体を常に使う仕事なら毎日の労働で筋肉が鍛えられるでしょうが、デスクワークだとそれが全く期待できないからです。
 長時間の会議をした後で腰痛を起こすのは、こうした人たちです。
長時間座り続けると、人間誰しも全身の筋肉をゆるめ、椅子の背に腰を斜めに傾けてもたれるようにすわりたくなります。
しかし、この姿勢が最も腰を疲れさせ、腰痛を起こしやすいのです。
長時間になればなるほど、お腹に力をいれ、おしりの穴をすぼめ、頭が上に持ち上がっていくような感じで腰かけることです。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る