注意すべき職業 ②

2013年8月29日 | コラム

一定の姿勢をとり続けるという事は同じ筋肉、骨盤などの負担が同じ箇所に負担がかかり続けるという事なのです。
そういう時に負担が原因で歪みが発生します。

ドライバーも要注意職業

ドライバー
タクシー、トラックなどの運転手も、すわりづめの仕事という点ではデスクワークの人と同じです。
事故を起こさないように絶えず神経をピリピリさせていなければならない点や、腰をかけるという姿勢に振動の加わる点を考えると、デスクワークよりずっと腰への負担も大きいといえるかもしれません。
 しかも、タクシーやトラックの運転手の場合は、24時間勤務もすくなくありません。疲労が重なると、ますます腰痛を起こしやすい状態になります。
 最近の車は、腰への負担がかからないような座席になっていますが、体格や体型などにより座席の高さやハンドルとの距離などが違ってきます。
 座席の高さは、事務机よりやや低めで、背もたれに腰がピッタリつくように座ります。
腰と座席の間にすき間が出来るようなら、バスタオルを巻いてその間につめるとよいでしょう。
座席とハンドルとの距離は、膝とひじを軽く曲げてハンドルが握れるぐらいにすべきです。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の女性専用 受付 (070)6927-4634

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る