注意すべき職業 ③

2013年8月30日 | コラム

立ち仕事というのも腰にかかる負担は大きいと考えられます。
まず二本足でまともに1Gという引力を受けながらS字湾曲を保ち続けるということは難しいのでその上、重たいものを持ったりすると骨盤などに負担がかかり、筋肉疲労、骨に負担そして歪みに発展していきます。

立ち仕事も腰痛になりやすい

立ち仕事

店員、ウエーター、ウエートレスなど、一日中立ち通しで仕事をする人も、腰痛を訴えることが多いようです。
 ことに、ウエーターやウエートレスのように、立ち通しになるだけでなく、グラスなどの壊れ物をトレーに乗せて運ぶ仕事の場合には、トレーを持つ側に重心が傾き、腰が不自然な状態になります。
狭い通路を急いで通り抜けなければならないということも、腰への負担となります。
 また、ハイヒールだとおしりが突き出すために、腰痛の前腕が強くなります。
どうしてもハイヒールでないといけないような職場の場合は、休憩時間には靴を脱ぎ、足、腰の疲れをとりましょう。

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る