ゆがみはからだのSOS

2014年1月22日 | コラム

なぜ、体の歪みは発生するのか?歪まなかったらいいのにと思うのですが、歪みは体からのサインだとしたら必要なのです。
それはどんなサインなのでしょうか?

骨盤は緩んだり、開いたりする

私たちの体に何らかの病気や不調が起こる背骨には、必ず体の「歪み」があります。この「歪み」の原因は、骨だけの異常ではなく、心と体の両方にあります。長い間の不摂生やストレスから自分を守ろうとして、体が徐々に歪んでくる、いわば、体からのSOSなのです。
このような原因により、多くの人の骨格が歪んでいますが、その大元になっているのは骨盤です。
西洋医学でも最近認知されるようになりましたが、骨盤は緩んだり、開いたりする骨なのです。

不自然な生活、ストレス、過度な運動、過食が原因

<骨盤が開いて下り、歪んでくるとその影響で肩甲骨も開いて下ります。 またその影響で肋間が緊張・硬直すると肺や心臓に悪影響を与え、肩こりなどを招きます。 さらに肩甲骨の下りは、後頭部を下げるので、頸椎が圧迫されて視力や集中力の低下、老化までも引き起こします。 健康を脅かす骨盤の「歪み」を生む原因は、整体法でみると子供から大人まで私たちの生活環境全てに溢れています。 不自然な生活、ストレス、過労なく運動、過食がそのほとんどの原因です。夏に冷房で寒い思いをする、競争社会の大きなストレス、スポーツであれば練習のやり過ぎ、飽食の時代の食べ過ぎなどがこうした「歪み」を生んでいるのです。 /p>

  • 初めての方専用予約受付フォーム
  • 再来院の方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の初めての方専用予約受付フォーム
  • 京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の再来院の方専用予約受付フォーム
京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の院長 安達 護

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の副院長 安達 一美

京都整体 あだち整体院(京都市西京区桂)の上に戻る