〒615-8071 京都府京都市西京区桂春日町5-4
阪急京都線「桂駅」東出口より徒歩7分/駐車場あり

受付時間
月水木金 9:00~20:00
土曜・日曜・祝日 9:00~18:00
定休日 火曜日
時間外などお問合せください

お気軽にお問合せ・ご相談ください

075-394-8180

事例紹介

当院を実際に利用されたお客さまの事例をご紹介します。

肩こりとは!

肩のこりや痛みには、「首から肩にかけて鈍い痛みがある」「くび筋から背中に痛みが走る」「肩が痛くて腕が上がらない」など、いろいろな症状があります。

肩がこるのは、悪い姿勢や体型、疲労やストレス、体力の低下、老化現象などによって肩の筋肉が緊張し、そのために筋肉のある血管が収縮して血行が悪くなることが原因です。

血行が悪くなると、肩の筋肉にできた乳酸などの疲労物質が運びだされず蓄積され、神経を刺激するために、こりや傷みが起こると考えられています。

肩の痛みの原因には肩こりがひどくなったもの、老化現象や過労などで肩の関節の周囲に炎症がおきているもの(肩関節周囲炎)などがあります。40才から50才になると腕が上がらなくなったり痛くなる四十肩や五十肩は、肩関節周囲炎という病気の一種です。

これらをはじめとして、肩のこりや痛みの原因には、①体型や姿勢、生活習慣、労働②加齢による肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)③病気の症状としてあらわれるもの④スポーツ障害や事故、その後遺症によって起きるもの! などがあります。

以上のような事が一般的な肩こりの原因と考えられています。

あだち整体院では「肩こり」を根本的に改善するための施術をつねに新しい技術を取り入れ真剣に取り除く技の提供を考えています。

意味のあるポイント、流れのある施術、改善価値の高い技を皆様に提供したいと探究心をもって常に頑張っています。

縁がありましたら皆様と会える日をまた会えた日が改善する日と言われるよう精進してまいります。

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

詳細はこちら

骨粗鬆症

特に女性の高齢者に多くみられるのが『骨粗鬆症』です。『骨粗鬆症』は加齢とともに骨からカルシウムが流出して骨量が減少するために、骨がもろくなる老化現象で、ちょっと転んだだけでも骨折するようになります。

『骨粗鬆症』だけでは腰痛は起きませんが、椎骨がもろくなってつぶれる『圧迫骨折』を起こすと、神経を刺激するために腰痛になります。

骨量測定

骨量は、骨の中にあるカルシウム、りんなどの骨を構成している成分の量です。

骨量測定は、骨量を計測して骨の強度を調べる検査で、骨粗鬆症の診断や、治療効果の確認のために行われます。

骨量が基準値より少なく、ほかに病気がみられない場合は、骨粗鬆症と診断されます。

骨量を測定する方法には、DXA法、MD法、超音波法などがあります。

DXA法は、高いエネルギーのエックス線と、低いエネルギーのエックス線が骨を通過したときの透過度の違いを利用して骨量を測定します。

 MD法は、手とアルミニウム段階という濃度表を並べてエックス線撮影し、手の甲にある人さし指の第二中手骨の濃度を段階表と比べて骨表を検査します。

超音波法は、超音波を体に当てると、体の組織によって超音波の伝わる速度が変わる性質を利用して、ひざやかかとの骨量を測定します。

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

〇〇(施術メニュー名)の詳細はこちら

MRI

磁気共鳴画像診断、磁気共鳴診断装置と訳されています。

強い磁気を体に当てて、体内にある水素の原子を振動させ、その時に発生する磁気波をコンピュータによって測定し、体の状態を画像に映し出す検査法です。

腰部椎間板ヘルニアや脊柱などの断面を鮮明に映し出すことができます。

 エックス線撮影と違って放射線を用いないので、被曝するおそれがなく、あらゆる方向から撮影が出来ます。

 しかし、強力な磁気をもちいるために、体内に心臓のペースメーカーを埋め込んでいる人や、心臓に人工弁をつけている人には、これらの機器の働きが狂うので使用せきません。

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

〇〇(施術メニュー名)の詳細はこちら

脊椎分離症と脊椎すべり症

脊椎の関節が折れて、脊椎の前後が分かれてしまったものを『脊椎分離症』といいます。 

脊椎の関節が骨折して分離すると、もともと脊椎が前方に湾曲していることから、ちょっとしたきっかけで骨折した脊髄の一部が前方に動いて、ずれることがあります。

このようなものを『脊髄すべり症』といいます。

また、脊髄すべり症には、脊髄分離症を伴う『脊髄分離すべり症』と脊髄分離症を供わない『仮性すべり症』があります。

『仮性すべり症」は、中高年の女性に多くみられます。『脊髄分離症』と「脊髄すべり症」には、ともに先天的なものと後天的なものがあり、後天的に起こるほとんどのものは、成長期にスポーツをする青少年に発症します。

 『脊髄の分離』という症状だけをみると、日本人では、スポーツをしていない人でも5%くらいに分離がみられ、スポーツをしている人では10~15%にあらわれ、さほど珍しいことではありません。 

腰椎で、脊髄分離症や脊髄すべり症が最も多く起こる部位は、第4腰椎と第5腰椎の間で、次いで多いのが第3腰椎と第4腰椎の間です。

脊髄分離症が、スポーツをしている成長期の青少年に多くみられるのは、青少年の脊髄の骨がまだ成長過程でしっかり出来上がっていないためと考えられています。

特にサッカーやバスケット、野球、剣道をしている青少年に多く発生します。腰をねじったり、無理に伸ばしたりする動作を繰り返していると、それが骨にストレスを与え、疲労骨折をまねくとされています。

脊髄分離症をほうっておくと、脊髄すべり症を起こします。そうなると、前方に移動した椎体を支えている椎間板に影響を与え、椎間板ヘルニアに移行することもあります。

症状

エックス線撮影で、脊髄の分離が認められても、痛みなどの症状が出ないこともあります。脊髄分離症では腰椎の関節の一部が離れているため、それを靭帯や筋肉で補うようになります。

そのときに、症状によっては靭帯や筋肉が強い人では、痛みがあらわれにくくなるのです。

 反対に、靭帯や筋肉が弱い人が長時間立っていたり、同じ姿勢を続けていると、靭帯や筋肉が疲労して腰痛があらわれます。

 痛みの程度は、最初は朝、起きたときや動作を始めてときに腰に違和感や鈍痛を感じます。動いているうちに楽になりますが、長時間立っていたり、後屈・前屈の姿勢を続けたり、激しいスポーツや過酷な労働をすると、痛みが出てきます。

さらに症状が進み、脊髄が体の前方にずれて脊髄すべり症になると、脊髄を通っている神経が圧迫されて、臀部から下肢に痛みが走る坐骨神経痛が起きます。

 なかには、脊柱管が変形して、下肢のしびれやもつれを起こす腰部脊柱管狭窄症の症状があらわれることもあります。

 脚に、痛みやしびれが出てきたときには、椎間板ヘルニアを一緒に起こしている可能性があります。

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

〇〇(施術メニュー名)の詳細はこちら

冷湿布と温湿布の使い分け

湿布には、冷湿布と温湿布があり、それぞれ使われる症状が違います。

簡単にいってしまうと「急性の痛みには冷湿布、慢性の痛みには温湿布」が原則です。

患部を冷やすと、血管が収縮するので新陳代謝が低下し、炎症を抑え、鎮痛効果があります。

逆に患部をあたためると、血行がよくなって炎症によって生じた老廃物を血液が運び出すので、痛んだ組織の回復を促進し、痛みをやわらげます。

腰痛では、ぎっくり腰など、急激に痛みが起きた場合には、まず冷湿布を使用して炎症を抑え、2~3日して痛みがやわらいだころに温湿布に変えて、患部の組織の回復を促すようにします。

対処療法としては血行を改善したり、筋肉の緊張を解すために、温湿布(温熱療法)が広く用いられています。

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

〇〇(施術メニュー名)の詳細はこちら

産後整体コースの適正なペース

初回

お客様に問診をさせて頂きまして、どんな自覚的症状があるのかを確認します。

例 片頭痛、肩こり、腰痛、足の痺れ、不眠症、疲れ等。骨盤の歪みの確認どんな風に歪んでいるのか?

身体全体の筋肉の硬結(硬さ)具合を確認。

筋肉の不具合と骨盤の歪み、背骨の歪み等のバランスを拝見させて頂きまして施術方針を決めていきます。

圧反応、反射をみて総合判断的に力加減の適正を調べます。(硬結だからと言って力任せの施術は逆効果です。)

 

痛くない施術、無理のない療術をを組み立てます。

理由としましてはお客様にリラックスして貰わないと効果が上がらないためです。

施術を開始します。患者さんのそれぞれのテーマに沿った整体をし施術に入ります。

療術、調整、矯正を進め、無理のないペースで最善の施術をし終了します。

施術後の確認をさせて頂きます。次回の施術ペースの判断。お客様の年齢や歪みの程度、矯正のスムーズさ、コンディション、お客様のご要望を総合的に判断させて頂き、次回の施術日をご提案させて頂きます。

最小限にご来院して頂き、最大限の効果をと考えています。

施術間隔はご参考にして頂いてお客様自身で決めて頂きます。(無理強いのご予約は一切致しません。回数券もありません。)

整体が初めての方もたくさんご来院して頂いています!整体に対して色々な印象をお持ちの方がおられます。

整体って、テレビのイメージがあって怖い事されるといった方から、いきなりバキバキってされる人まで様々ですが、テレビをみて私もひどいなって思う時があります。

お笑い芸人の罰ゲームの整体??体ではなく暴力みたいな・・・。

あだち整体院ではそんな事はありませんので、ご安心してご来院下さい!!(^^

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

〇〇(施術メニュー名)の詳細はこちら

股関節のストレッチ

最近、施術をしてて思う事ですが股関節が硬い人が多く仰向けの状態で股関節を屈曲、伸展のストレッチをさせて頂きますと膝が胸につかない人が大半な方が多いようです。

股関節が硬いと体にクッション性が少なくなるため、振動を拾いやすく歪みやすい体になっている場合が多いのです。

他には疲れやすいといった事もあります!

例えば、車に乗せて貰っていてどんな車が疲れにくいかという問題があるのですが、やはり振動が比較的少ない車の方が疲れにくいといった事を想像して頂けるのではないでしょうか? 

言わば、股関節は車でいう足回りなので非常に重要な関節と言えます。

お風呂上りにでも股関節のストレッチをされる事をお勧めします!

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

〇〇(施術メニュー名)の詳細はこちら

褐色脂肪細胞とは痩せるために必要な細胞

褐色脂肪細胞の主な目的は体温維持です。褐色脂肪細胞が働かないと、体温がガクッと下がってしまいます。あと、筋肉という細胞もカロリー消費をしてくれます。

筋肉が発達している人はその筋肉を使ってカロリーを消費していきます。

なので筋肉が発達している人は太りにくいのです。

ところがこの褐色脂肪細胞というのは、筋肉ではなく脂肪細胞なのですが、なぜエネルギーを燃やしてくれるのでしょうか?

それは、褐色脂肪細胞内に、カロリー燃焼工場が大量に存在するからです。

カロリー燃焼工場とはミトコンドリアと 呼ばれるものです。

それが褐色脂肪細胞には数多く含まれていて、通常は、食べ物の摂取などが原因であなたの体内で脂肪が増えすぎると、余分な脂肪を燃焼するため、褐色脂肪細胞が大活躍してくれるのです。

そういうわけで、『褐色脂肪細胞の活動が活発な人』あるいは『褐色脂肪細胞の数が多い人』は痩せる体質の場合が多いのです。

ミトコンドリアはほとんどすべての生物(動植物や菌類など)の細胞に広く含まれている細胞内構造物の一つです。丸いカプセルのような形でミトコンドリアは一つの細胞に(細胞の種類によって違いますが)数十から数万という大変な数が含まれています。

〇〇で〇〇でした ※利用後の感想・または結果を一言で記入

この要素には、お客さまの感想や、通院した結果をご記入ください。

また、事例と感想を読ませたうえで、関連する施術メニューのページへ誘導すると効果的です。下記の「誘導リンク」要素の文言を編集のうえ、右パネルでリンクを張ることをお勧めします。

〇〇(施術メニュー名)の詳細はこちら

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
075-394-8180

受付時間:月水木金 9:00~20:00/土曜・日曜・祝日 9:00~18:00/定休日 火曜日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・ご予約

075-394-8180

<受付時間>
月水木金 9:00~20:00
土曜・日曜・祝日 9:00~18:00定休日 火曜日

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/08/05
ホームページを公開しました
2022/08/04
「施術案内」ページを更新しました
2022/08/03
「アクセス」ページを作成しました

あだち整体院

住所

〒615-8071 京都府京都市西京区桂春日町5-4

アクセス

阪急京都線「桂駅」東出口より徒歩7分/駐車場あり

受付時間

月水木金 9:00~20:00/土曜・日曜・祝日 9:00~18:00

定休日

定休日 火曜日